無料で学べる不動産実務

圧倒的な情報量!!ライバルに差をつける!!継続は力なり!!

空き巣対策を徹底しましょう。

 

物騒な世の中です。

念には念を。

用心に越したことは、ありません。

空き巣対策を徹底しましょう。

ご自宅にシャッターがある場合において、外出するときは、防犯上、短時間であったとしても、必ずシャッターを閉めるようにしましょう。

自分は大丈夫?油断大敵です。

特に、アパートやマンションの1階に住んでいて、腰高の外壁(手すり)がある場合は要注意です。

腰高の外壁がある場合、人目を盗んで、バルコニー内に侵入し、しゃがんでさえいれば、人目につきません。

しゃがんで、掃き出し窓のクレセント部分のガラスのみ、素早く切断し、クレセントを解錠し、お部屋に侵入されてしまいます。

マンションでオートロックがあるからといって、油断している方が、たくさんいます。

以前、賃貸管理物件のマンションで、1階10部屋中、6部屋で空き巣被害に遭いました。

オートロック物件です。

あとから、警察の方から、海外から来た窃盗団の犯行と聞きました。まさにプロの仕業です。

また、1戸建て、アパートやマンションの2階で、バルコニーの真横に、電柱や雨樋(縦樋)がある場合も要注意です。

夜中、人目を盗んで、雨樋(縦樋)を登り、そこからバルコニー内に侵入され、空き巣被害に遭った物件もあります。

その物件は、今後の空き巣対策として、1階から上の縦樋に、針金ギザギザの【有刺鉄線(ゆうしてっせん)】をぐるぐるに巻き付けました。

もし夜中に、泥棒が有刺鉄線に気付かずに縦樋に登ったら、大怪我することになります。

いずれにしても、空き巣被害に遭うと、なんとなく気味が悪く、引っ越ししたくなります。

シャッターさえ閉めていれば、・・・

後悔しないために、空き巣対策は大切です。