無料で学べる不動産実務

不動産業実務経験16年のノウハウを無料で伝授

首里城の火災原因を探る

沖縄の戦後復興のシンボル【首里城】が、火災で、あっという間に跡形もなく、全焼してしまった。

悲しすぎます。

残念でたまりません。

何が原因だったのか?

何か対策は、できなかったのか?

消防設備点検で、不備はなかったのか?

そもそも、イベント運営会社が、火災が発生する直前の、午前1時頃まで、イベント準備の作業をしていたとのことですが、なぜ、そんなに遅くまで、作業をしなければならなかったのか?何かトラブルがあって、残って作業をしなければならなかったのか?準備期間は、あったはず。疑問が残ります。

火は使用していないとのことですが、あの時間帯ですから、当然、電気は使用していた。電気配線や電気設備の劣化か?

冷暖房設備はあったのか?

冷暖房設備の電気配線は劣化していなかったのか?

電気ではなく、ガスエアコンだったのか?

電気差込プラグや電気コンセントなど劣化していなかったのか?

電気を使いすぎていなかったか?

漏電ブレーカーは作動したのか?劣化していなかったか?

ガスボンベは、使用したのか?

ガス漏れはなかったか?

タバコの不始末か?

テロか?

放火か?

いずれにしても、来年は東京オリンピック。

1日も早く、原因を特定し、対策をして欲しいです。

※にほんブログ村ランキングに参加しております。ポチッと応援クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村