無料で学べる不動産実務

不動産業実務経験16年のノウハウを無料で伝授

繁忙期をお祭りに置き換える

さて、このブログでも、日々の仕事において、

  • ネガティブ発言をしない。
  • ネガティブ発言からは、何も生まれない。
  • ポジティブに物事を考える癖をつけることが大切。

というようなことを述べてきました。

※逆境で困難な状況に置かれたとしても、ポジティブに、物事を考えることで、何かしら解決への扉が開かれるかもしれません。

不動産業界においては、例年1月から3月にかけて【繁忙期】を迎えます。

【繁忙期】のイメージ

  • 大変だ
  • 忙しい
  • 嫌だ
  • 避けたい

といったイメージです。

とある会社では、【繁忙期】という言葉は、口に出してはいけないことにしているとのことです。

【繁忙期】の代わりに、意識して【お祭りの時期がきた】、【お祭りが始まった】と、口に出しているようです。

【言霊】という言葉があるように、言葉には、不思議な力があります。

皆様も、普段、何気なく使っている言葉を、時折、振り返ってみましょう。

【ひかりTVブック(電子書籍)】