無料で学べる不動産実務

不動産業実務経験16年のノウハウを無料で伝授

サービス残業はすべきではない

さて、最近は、【サービス残業】、【パワハラ】、【セクハラ】を行っている企業は、【ブラック企業】として社会から【悪】として、追放される動きとなっています。

【パワハラ】や【セクハラ】を行った上司は、【内部告発】により、即、左遷や降格となります。

【サービス残業】を行っている企業は、【労働基準監督署】や【マスコミ】へのリークにより、すぐに社会問題化になります。

会社は、そのような状況下において、かなり敏感になっております。

残業時間については、36(サブロク)協定により、毎月42時間を残業時間のMAX(上限)としている会社が多いと聞きます。

しかし、現場においては、仕事量が増えているにもかかわらず、現場スタッフの人数が増えない、【働き方改革】で、【仕事の効率化のみ求める】、【早く帰れ】という矛盾が生じている企業が多くなっております。

そのような場合は、職場内で同じ意見をもつ人同士で、【仲間】を作るべきです。そして、【仕事の効率化】を含め、改善できる余地があるか?仲間同士で真剣に議論して下さい。

決して一人で悩まないで下さい。

仕事で悩んだときは、できるだけ多くの人に意見を求めて下さい。まずは、素直に意見を聞いて下さい。先入観や思い込みは、頭の片隅に置くか、一旦捨てて下さい。無の状態で聞いて下さい。何か、いい解決策が出てくるかもしれません。

  • 自分の仕事の進め方に問題があるのか?ないのか?
  • 仕事量のバランスが人によって偏りすぎているのか?
  • 周りの協力は、どうなのか?

再生医療研究から生まれた次世代型美容液【セルアイリフトセラム】