無料で学べる不動産実務

不動産業実務経験16年のノウハウを無料で伝授

1日の仕事の成果は、段取り8分で決まる。

皆さん、おはようございます。

さて、1日の仕事において、今日は仕事が順調に廻り、予定通り、無駄無く、終えたと思える日は、どのような場合でしたでしょうか?

思い起こしてみれば、必ず前日や事前に、1日の行動スケジュールの【段取り】を8割ほど時間軸にて組んでいたはずです。まさに【段取り8分】です。残りの2分(2割)は、その日に発生しました案件に臨機応変に対応できるように、あえてスケジュールに余裕を持たせておきます。

 

・訪問先(アポイント訪問先)での移動時間を最小限に抑える。効率的に動き、無駄な待ち時間や移動時間、移動距離を作らないようにする。今日の訪問エリアはこのエリア、明日の訪問エリアはこのエリアといった感じで、複数の訪問先をエリア地区ごとにまとめることにより、訪問先から訪問先への移動時間、移動距離を短くでき、時間の効率化を最大限に図ることができる。1日の仕事の中で、無駄な時間を作らない意識が大切です。

 

・顧客との交渉、打ち合わせが必要な訪問は、せっかく訪問しても、ご不在、空振りに終わらないように、またアポイント無し訪問は失礼にあたることもあるので、必ずアポイントを入れてから訪問するようにする。但し、書類を届けるだけ、挨拶だけの場合は、訪問数、訪問時間を考慮し、アポイントを入れると、かえって非効率になることもあるので、ご不在の場合の挨拶状【顔写真入り】を丁寧に作成し、常に持参してアポ無し訪問対応することも有りかと思われます。【ケース バイ ケース】での対応も非常に大切です。

 

・事前に、訪問先に持参するご提案資料に不備がないか?確認する。あとで、追加書類があったとかで、再度訪問することにならないように、注意する。それこそ、時間の無駄である。

 

以上の事前準備を前日にするためには、業務時間が開始したら、早めに会社を出て、早めに会社に戻ってくるスケジュールの組み立てをするように、強く意識する必要があります。業務時間が開始したら、その日のスケジュールを組み立て、それから顧客訪問となると、時間がいくらあっても足りない、残業時間だけが増えていく、その反面、仕事の成果や結果がついてこないということになります。

 

皆さん、仕事の成果は、【段取り8分】で決まります。日々の仕事において、意識しなくても、普通にできるように、【習慣化】できるように、頑張りましょう!

20代女性に向けた新ブランド「La Muse」